超人ウルトラベースボールでされていた予言とは‥?の巻




よーし、今回は「超人ウルトラベースボール」をプレイしていくわよ!!
 

 

な、なんか前回もファミコンの野球ゲームだったわよね?
何か意味あるの!?

 

あっ、それはたまたまよ
特に深い意味はないわね
 

 

えっと、ではいつも通り私からゲームの説明をしましょう
「超人ウルトラベースボール」は1989年10月27日にカルチャーブレーンから発売されたファミコン用の野球ゲームですね

ファミコンの野球ゲームは多数ありますが、大きな特徴としては魔球等のトンデモ技が使えることにあります(後程詳しく紹介します)

どうしても上記の魔球などに目が行きがちですが、オリジナルチームやチームエディット等も可能で、ファミコンも後半らしいシステムの整った野球ゲームに仕上がってますよ

 

早速なんだけど‥
魔球ってそもそも何なの!?
いまいち分からないんだけど‥

 

これは見てみるのが早いですね
これが魔球ですよ
 

 

うわっ、何これ!?
ボールが分身したり、途中でストップしたり、240km/h超えるボールになったりと、トンデモないことになってるよ!!

 

上の魔球は一例で他にも魔球はあります
炎の魔球を投げて相手のバットを折ったり、ボールが消えたり等ですね

 

あの‥、それだとピッチャー側が有利すぎて全然打てなくなっちゃうんじゃないの?
 

 

その点は心配ないわ
バッター側も打法があるからね
こんな感じのやつ

 

ボールが変な軌道で転がったり、フライのボールの影が分身したり、地面に落ちたボールが大地震を起こしたりと魔球に劣らずトンデモな打法ね

 

野球の王子様って感じのゲームね‥

 

 

もちろん打法も上で紹介したもの以外でも、ボールを取った野手もろとも外野フェンスまで吹き飛ばすものやボールを爆破し野手を行動不能にするようなもの等もありますよ

 

あと守備の技もあるみたいね
スピードが速くなったり、大ジャンプしてホームラン性の当たりですらキャッチするみたいなのとかね

 

あと、当然っちゃあ当然だけど無限に技を使うことはできないわよ

SPってポイントを消費するから、使いどころは気をつけた方がいいわね

 

なるほどね‥
大体分かったわ!
じゃあ試合をやってみますか!


 
———————–試合終了後———————–
 

管理人さん、試合やってみてどうだった?
何か気づいたことがあった?
 

 

あったわよ、驚くべき事実が!!

 
見てよ、このLチームの4番バッターの名前!!
覚せい剤やってないって言ってたのに、実はやっていたっていうホラを吹いた未来を予言するような名前になってるわよ!

※以下のニュースより
https://www.oricon.co.jp/news/2066444/full/

 

そんな発見の話すんな!
ちゃんとゲーム内容の話をしろ!!
 

 

ゲーム内容の話ね‥
前回プレイした「燃えろ!!プロ野球’88 決定版」は守備がやりにくいって話をしたけど、「超人ウルトラベースボール」は守備かなりやりやすいわ

 

オーソドックスなタイプの画面だし、野球ゲーム経験があればすぐにプレイできそうね
 

 

それもあるけど、打球の速度があんまり早くないから守備のミスが起こりにくかったわ
 

 

魔球とかあって初心者には難しそうに見えたけど、意外と初心者でもとっつきやすいみたいね
 

 

あと気になったのが‥
ピッチャーがやたら疲れやすい気がしたわ
 
先発投手がたったの15球でこれって‥

 

このひゅうまってピッチャーが疲れやすいってことじゃなくて?
 

 

その後のピッチャーもすぐ疲れてたわ‥
さすがにスタミナなさすぎでしょ
 
CPUがピッチャーのスタミナ切れてもなかなか交代しないこともあって、試合はこんな感じの大味な結果になったわ(SPが私の操作したチーム)

 

最初は魔球でなかなか打てなくてもスタミナが底をついた4回あたりで滅多打ちにできたってわけね
ホームランが6本出てるし、強打のチームとはいえかなり大味ね

 

私が見た限り、「超人ウルトラベースボール」は対人対戦向けかなと思いました
ピッチャー交代の件は対人なら問題ないですし、一部の打法(影が分身する)はCPUに通用しないという問題があったりします

対人対戦なら問題ありませんからね

 

爆発打法で野手を行動不能にして切れられたりしないような注意はいるかもしれないけどね
 

 

‥とまあこんな感じで、対CPUより対人の方がいいゲームなのかなぁという印象でした

ファミコン後期のゲームで遊びやすいゲームなのでもし対人で遊べる環境があればやってみると面白いかもしれないですよ

 



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください