ドンキーコングは任天堂を救った英雄だった!!の巻




さて、今回はこんな動画を作ったわ
ドンキーコングは凄いって話ね


 

この前のドラクエ動画のような、ちょっと教育的な動画ですね
 

 

こういう感じなら再生伸びるんじゃないかなぁと
前回のもそうだけど、作るにあたって、結構勉強していつも以上に手間がかかったわ‥

 

今回のブログ記事ではこの動画の補足みたいなお話ってことですかね
 

 

そうね、そういう感じでいきたいと思うわ‥

 


宮本茂さんの入社時について

 

ちょっと気になってたんだけど、宮本さんって任天堂にはどうやって入社したの!?
やっぱり難しい試験とか受けたりしたのかな?

 

今の任天堂だと、入社はとんでもなく難しいだろうけど、当時の宮本さんはコネで面接受けられたみたいよ

社長の山内 溥(やまうち ひろし)さんと宮本さんのお父さんは友人だったらしいので(区議会議員をしていたそうです)

書類を提出して、面接したら内定の連絡がきたみたいな感じらしいわ

 

何かアルバイトの面接みたいね
今だと絶対そんな感じじゃ無理でしょ‥
 

 

でも社長の山内さんは、「宮本さんを面接した際に紹介があったから採用するってわけじゃないよ」って言ってたらしいし、気を使ったところはあるにしても、能力を買ってたところはあるみたいね

 

さすがにドンキーコングがヒットすることを見抜いた社長だね
コネでもなんでも、宮本さんの後の活躍を考えると入社させたのは大正解だよ!

 

ちなみに宮本さんは任天堂に落ちた場合はバンダイとか他の玩具企業を受けるつもりだったそうよ
もしそうなってたら、ゲーム業界が大きく変わっていたかもしれないわね‥

 

仮面ライダー倶楽部とかがまともになってたかもしれないわね‥
 

 

ファミコン前の任天堂って何やってたの?

 

 

あと、気になったのはファミコン発売前の任天堂って何を作ってたの?
ドンキーコングとかアーケードゲーム作ってるのは分かったけど、アーケードゲーム専業?

 

おもちゃを作ってたわ
花札とか有名よね
あとこういうのとか

 

ええ!?こういうのも作ってたんだ‥
今じゃ考えられないね
 

 

タクシーやラブホテル、食品なんかにも進出したことがあるわね
結局撤退したけどね

 

今はゲーム関連の会社!って感じだけど‥
迷走してる時期もあったのね‥
 

 

ドンキーコングって宮本さん一人で作ったの?

 

 

ドンキーコングを宮本さんが作ったって話なんだけど、一人で作ったの‥?
上手くいったとはいえ、さすがに未経験の一人にやらせてたってなるとちょっと酷い気がするよ

 

さすがにそんなことはないわよ
紹介するとちょっと長くなるから、あえて省略したけど横井軍平さんって人がプロデューサーだったしね

 

横井軍平さんって凄い人なの?

 

 

↑で貼った光線銃を作った人ね
あと有名どころだと、ゲームボーイとか
 

 

「枯れた技術の水平思考」っていう思考が有名よね
すでに枯れてメリットデメリットがはっきりした技術を既存とは別の切り口で考えて新しい製品を開発するって思考ね

 

へえー、なんだか凄いねぇ‥

 

 

この辺まで話しちゃうと話が逸れるから言わなかったけど、この辺も調べて見ると面白いわよ
横井軍平さん一人で動画作れちゃうレベルだからね

 

ドンキーコングとポパイについて

 

 

そういえばポパイってゲームのコンペを元にドンキーコングを作ったんでしょ?
別のゲームのネタをよく使いまわせたよね

 

登場キャラからポパイと被らせてるからね
ポパイ→マリオ
オリーブ→ポリーン
ブルート→ドンキーコング
みたいなイメージだと思うわ

 

とは言っても、ドンキーコングは別に悪役じゃないんだけどね
マリオが飼っていたドンキーコングが逃げだしたって設定らしいからね

 

この辺は宮本さんの人柄が出るところね
ドンキーっていうのも「まぬけな」って意味でちょっと抜けてるみたいな意味合いらしいわ
‥そう言ったらアメリカの人にそんな意味はないって言われたみたいだけど

 

‥っとまあこんな感じで、ドンキーコングが凄いと分かっていただけたら動画を作った甲斐もあったかと思います‥

そして良かったらチャンネル登録いただけると幸いです
チャンネル登録はこちら

 



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

もし記事が良かったらブログランキングや下のはてブ等のクリックをぜひお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください